【進捗報告】大筋だいたい完成しました

こんにちは。舞台屋アホロ代表の山口です。

4月7日の本番まで残り68日です。次回公演の脚本の進捗についてご報告します。

大筋8割完成

大筋と呼んでる「だいたいの大まかな流れ」が体感で8割完成してます。

最近、ここ数日毎日アホロの誰かと会って戯曲会議しています。戯曲会議というのは僕が「いまこんな感じで考えてるけどここで詰まってて全然お手上げですどうしよう」と言うことから始まります。

メンバーがいいアイデアをくれることもあればない時もありますが、それでも一緒に話してたらだいたい何かしら前進があります。

大筋が完成してきてやっと舞台美術と衣装がそれぞれ動き始められそうです。まだ舞台美術はスケッチもできておらず、衣装も衣装案のラフ画も上がっていない状態です。ほんとはこれからみんなで毎日会議したい。。

タイトル考え中

大筋が完成してきたので、そろそろポスター案とタイトルを考え始めることができます。これもメンバーに手伝ってもらっています。

アホロのタイトル決めで大切にしているのは

  • ・誰でも間違えずに読めること
  • ・内容とあっていること
  • ・コメディだとわかるようなアホらしさがあること
  • ・読んで語感とリズムがいいこと

この4つです。他にも、字面が見栄えよいこと、SEO対策に有利なようにありきたりでないことなどもありますが、主にこの4つ。

毎回アホロのタイトルには時間をかけて没が50〜100個ぐらい出るまで考えますが、「これしかねえ!」ってなることは稀で、「この中だとこれがまだ一番いいね」ってなることの方が多い。第二回公演『コモーディア!』や前作の『インクに願いを』などもそう。

初回公演『アホロ』や第三回公演『お家に帰るまでがテロです』などはかなりレベル高いと思います。「しっくりくるアイデアとともに制作できる」というのはクリエイターにとってとても幸せなことです。

キャラ相関図完成

今回はアホロ初の試みですが、大筋の段階でキャラの相関図を作ってみました。というか相関図を作って眺めながら大筋の妄想を広げていきました。

キャラ名、性格などの簡単な情報と、アホロ内での配役候補となる役者の顔写真と、参考までに「プロの俳優で好きに配役できるとしたらこの人」という俳優の顔写真も載せ、関係を線で繋ぎました。

AdobeのIllustratorというポスターなどを作るソフトで作りました。眺めるだけでストーリーの妄想が膨らんでおもしろいので、本番が近づいたら公開したいと思っています。余裕があれば、ですが、、、

とりあえず、そんなところです。